正座ができない!?膝を曲げたいときの脱力法とは

      2016/02/19

調子はいかがですか。
脱力集中整体の田中孝祥です。


正座ができないとき、膝を曲げたいときの脱力法。


とくに日本人の場合、
・正座
・しゃがむ
・和式トイレ

という動きがありますから、膝の重要性は高いです。

 

ですが
大きな痛みはないのに、膝が曲がらなくなった!という場合がときどきあります。

 

膝の曲がる角度は、だいたい135°が正常です。
痩せ気味の人の場合は、もっと曲がることで正座も可能になります。

これだけの角度を出すのですから
膝の前側の筋肉、大腿四頭筋をいかに脱力するか、というのが重要になってきます。

 

大腿四頭筋を脱力するには
足関節・股関節の筋力をつけること
です。

アーチの形からいって、膝の脱力には、つま先重心になることが重要です。
踵重心になると、前凸である膝の形状では負担がかかるため、脱力できません。

つま先重心が耐えられる身体になる。
とくに足関節・股関節の筋肉がついてくると、つま先重心に変化します。

 

膝が曲がらなくて悩んでいるかた
足関節や股関節の筋力、確認してみてくださいね。

 - コラム