手首の症状をとる

   

調子はいかがですか。
脱力集中整体の田中孝祥です。

 

この記事では、手首の症状をとるための方法を

・手首の症状としては、どんな種類があるか
・手首の症状がおこる部位
・手首の症状をとるアプローチ方法

の順番で紹介していきます。

 

手首の症状の種類は?

・手根管症候群

・尺骨神経麻痺

・コンパートメント症候群

・手のしびれ

・手関節の痛み

・握りにくい

 

手首の症状がおこる部位は?

・長・短橈側手根伸筋

・尺骨神経

・方形回内筋

・手関節背部

 

手首の症状をとるアプローチは?

1、姿勢から

手首の筋力がおちると、重心が後方移動します。

足裏からみると、重心が踵方向へと偏位しやすくなります。

重心をつま先方向へと移動し、足の中心にくるようにしましょう。

手首まわりの余計な力がぬけるなら症状と理論が合致します。

 

2、足の骨の調整から

手首まわりの筋力低下は、足の楔状骨レベルで支える場合が多くなります。

楔状骨まわりの支持性は、足のアーチ構造で確認していきます。

 

3、筋肉の誘導から

手首の筋肉をそれぞれチェックしていきます。

・腕橈骨筋

・長・短橈側手根伸筋

・円回内筋

・総指伸筋

・回外筋

・尺側手根伸筋

・尺側手根屈筋

・長掌筋

・浅指屈筋

・深指屈筋

・方形回内筋

・橈側手根屈筋

 - コラム