カラダブログ

【クチコミ】腰にリキみがでていたお客様

調子はいかがですか。

池袋駅から徒歩7分、痛みと張りを解消する脱力集中整体、院長の田中孝祥です。

今回は、お客様の改善実績のご紹介。

腰に無駄なリキみはいって痛みがでていたお客様です。

腰に無駄な力がはいっていたお客様からのクチコミ

カラダのゆがみがとれたアンケート

Q. 整体を受けようと思った身体の症状を教えてください

A. カラダのゆがみ、腰の痛み

Q. 整体をうけて、身体にどのような変化がでましたか?

A. 無駄な力がなくなった

整体院からのコメント

クチコミありがとうございました!

今回の整体では、カラダのゆがみと腰のリキみをなくし、痛みを解消することを主眼に施術を行わせていただきました。

27歳と若いこともあり筋肉もつきやすい状態ですから、呼吸を意識して使う練習からはじめていきましょう。

カラダのゆがみとリキみは、脱力集中整体でどのように対処する?

整体中

脱力集中整体では、まず脱力モニタリングで原因を明らかにいたします。

今回の症状は主に腰にでていますから、腰をチェックしながら原因とみられる箇所にアプローチしていきます。

整体をうけようと思ったきっかけとして、カラダのゆがみが昔からあったということでした。

ですので、チェック方法の1つとして背骨のゆがみを確認いたしました。

背骨

立った状態で背骨の曲がりをみると、重力に対する背骨の反応がわかります。

足に対して背骨がどの位置にあるか、また頭に対して背骨がどの位置にあるかで反応が変わってきます。

また背骨は頚椎・胸椎・腰椎・仙骨・尾骨といった部位にわかれていますから、それぞれの骨の位置関係をチェックします。

さらに重力下だけでなく、前屈位で重力の影響を除いた背骨の反応もチェックします。これは骨の形が原因なのか、筋肉の反応が原因なのかのスクリーニングになります。

とりわけ今回は27歳と若いこともあり、成長期の側弯が原因の可能性も考慮いたしました。結果的にはあまり側弯はありませんでしたので、筋肉からアプローチさせていただきました。肺呼吸

背骨や腰の痛みの原因としては、やはり体幹や呼吸に関連する筋肉は外せません。

具体的には、横隔膜、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、脊柱起立筋といった筋肉です。

また呼吸に関連する筋肉として、射角筋といった首にむかう筋肉も重要です。

これらの筋肉をモニタリングして、適切に動かせているかみていくと根本的な原因がはっきりしてきます。

とりわけ背骨のゆがみが気になっていて無駄な力がはいっている自覚があるならば、横隔膜が使えずに腹筋や脊柱起立筋を過度に使っていることが多いでしょう。

横隔膜、呼吸をきれいに行えること。腹筋群を脱力して呼吸ができることがポイントになります。

胸をおさえる

これら背骨や呼吸をチェックしてアプローチすることで、腰の痛みは減り、カラダのゆがみも解消されていきます。

まずは呼吸から、チェックして変えていきましょう!

あらためまして、このたびはご来店・クチコミありがとうございました!

脱力集中整体 院長 田中孝祥

→脱力集中整体の料金メニューはこちら

Copyright © 2019 脱力集中整体 All Rights Reserved